高松の池ってどんなところ

高松の池は江戸時代に盛岡の町づくりのために築かれた人口の堤です。南部26代藩主信直が盛岡城築城を開始した慶長から寛永年間に造られたと考えられています。
uedatsutsumi
当時この近辺は湿地帯で、浸水が町づくりの大きな障害となっていたため、治水を目的に三段の堤防が築かれました。上中下の堤のうち、最も大きな中堤が、現在の高松の池として残っています。かつてここは南部藩の鷹狩り場であり、松林が美しく茂っていたことに因み「高松の池」と名付けたと伝えられています。

1989年(平成元年)には日本さくら名所100選に指定され、毎年お花見の時期になると多くの花見客でにぎわいます。

HomeBtn