第20話 田口善政さん

もりおか啄木・賢治清酒館の芸術監督、田口善政さんが、同館のニュースレターで「無名碑 MONUMENT」の紹介記事を書いて下さいました。

もりおか啄木・賢治青春館は、岩手が生んだ偉大な文人、石川啄木と宮沢賢治が青春期を過ごした町・盛岡にある記念館です。
啄木と賢治の生涯や作品を当時の文化と共に紹介しています。

田口さんは同館の館長を務られた後、この4月から芸術監督に就任なさいました。
また、シンガーソングライター田口友善として、岩手に関する様々なご当地ソングを発表し、地域起こしに活躍されています。

実は「無名碑 MONUMENT」にも桜ソムリエとして登場し、高松の池の桜の由来やソメイヨシノにまつわる歴史などをお話し下さいます。
田口さんは桜について様々なことをご存知で、高松の池周辺の桜について植生から種類、分布まで詳細に記録しています。

この撮影の時、私は大変失礼な失敗をしてしまいました。
田口さんにインタビューをしている時、カメラを回しているつもりが、スイッチが入っていなかったのです。
田口さんが話し始め15分以上たった時に、そのことに気づきました。
あってはならない初歩的なミスです。

私は恐る恐る田口さんにカメラが回っていないことを告白し、もう一度始めからお話しいただけないかと頼みました。
怒られて当然と思いましたが、田口さんは嫌な顔ひとつせず、一度した話を前回を上回る熱量でお話し下さいました。

そればかりかインタビュー後に、地元の人さえあまり知らない桜の植生地を案内してもくれました。
頭が下がる思いでした。

更に映画が公開されるにあたり、こうして記事に書いて下さるとは、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
田口さん、ありがとうございます。

この記事では、映画の紹介や桜についてはもちろん、高松の池の名の興味深い由来などが記されています。
ぜひご一読下さい。
http://hellomorioka.jp/culture/pdf/news_vol174.pdf
(注:pdfファイルです)

第21話 高松の池の水
第19話 昔のお花見シーズンは?
撮影秘話メニュー
HomeBtn